外壁

雨の水漏れ修理とは、雨がどこから入ってきているのかを、確認しなければなりません。
雨の侵入口を見つけるのは、結構難しいものです。
現実に雨が漏れている状態を、水の浸入しているところから逆にたどっていって、侵入口を見つけられれば良いですが、そこら辺に濡れた状態のところから水が漏れていたら、どこが侵入口か確定するのは、困難です。
だいたいここぐらいと見当をつけて、外部にヒビや傷、水漏れの原因になることを、探します。

外壁塗装をすること
外壁塗装をして、雨漏れの修理につなげることが、できます。
外壁が、サイディングなり、金属折板なり、塗装し直す時はシーリングを取り除いて、塗装をし直せば、雨漏れを直すことが出来ます。
外壁塗装するのに、ゴミや付着物を取り除くのに、サンディングします。
このとき、外壁に隙間や穴が見つかれば、パテ処理するなりして、修理できます。
このあと、外壁塗装をすればよいのです。
外壁塗装は、下地処理もきちんとしてサフェーサーを吹き付ければ、なお良しです。

塗装

自分でできる家のメンテナンスや定期チェックもあります。
屋根に登ったり床下に入ったりすることは、怪我につながりかねないのでおすすめしませんが、定期的に家を見まわることをおすすめします。
案外、毎日の生活の中では外壁の塗装の変化などを見落としていることがあるので、月に一度程度は家の点検をすることを習慣にします。
チェックポイントは、外壁の塗装が白けてきていないか、シーリングに傷みがないかなどです。
クラックができていないか、カビや苔が生えていないかなども確認します。
外壁に劣化が見られる場合、屋根にも何らかの劣化が始まっている可能性が高いので、早めに業者に連絡をします。

雨漏りとはなに
雨漏りとは、雨の水がどこからか建物の中に、入ってくることです。
雨の水の進入路は、いろいろと考えられます。
木造の建物なら、瓦のヒビ割れからとか、瓦がずれてしまったとか考えられます。
その他外壁の隙間とかもあります。
サイディングとサイディングの継ぎ目のシーリングが、痩せてしまって隙間ができてしまうとかもあります。
コンクリートの陸屋根なら、シート防水の継ぎ間から、シートの劣化によって水の浸入があることもあります。

はじご

雨漏りは家の構造材にも腐食が進んでしまいかねない問題です。
屋根や外壁の塗装が傷んでいたり、繋ぎ目のシーリングが剥がれていたりしたら、早めに業者に修理をしてもらうことが大切です。
早めに修理を行うことで、修理の費用も安くすることができます。
雨漏りや外装塗装の塗り直しなどは、業者の選び方が大切になってきます。
下手な業者を選んでしまうと、何度も補修工事をやり直すことになりかねないのです。
その場しのぎの修理ではなく、根本的な解決ができる業者選びが重要です。

早期発見が重要
屋根や外壁塗装は定期的に塗り直しを行うことが必要です。
雨漏りなどのトラブルになってしまう前に、定期的に検査を行って早めに対策をしておけば安心です。
新築の家でも10年程度で塗り直しが必要になってきます。
雨漏りなどのトラブルが起こってから業者を選ぶのではなく、早めに業者の選定を行い、事前に検査をしてもらうことをおすすめします。
つまり、家の主治医を決めておき、トラブルになるまえに、定期検査や早期の修理を行うことが、大切な家を守ることになります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930